Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sameda.blog70.fc2.com/tb.php/6-4d353829
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

夢日記

20日が仕事のヤマだというのに、19日まで オリンピック選手としてアテネへ行くはめになった。 編集さんに電話してその旨を伝えると 「オリンピックならしょうがないですね。頑張ってください」と 励まされ泣きそうになった。がんばらねば。 家の前で、選手用の送迎バスが他の選手を満載して 待っているので急いで支度をして飛び乗る。 こんなに体が軽いのは久々で爽快だ。 そういえば何の選手として出場するのか聞いていなかった。 誰かに聞こう、と周りを見回すが、他の選手は黒人と 小学生くらいの女の子、あとはおばあさんばかり だったので聞いてもしようがないな、と諦めた。 空港へついたところで、パスポートを忘れたことに気付いた。 どうしよう!選手なのにパスポートが無かった、なんてことで 出場できないなんてあってはならない事だ。 おろおろしていると、黒人が「いいところを知っているよ」というので ついていくと、空港の中に古びた旅館があり、そこのおじいさんが ぶるぶる震える手でパスポートをくれた。 しかしそのパスポートはどうみても日本のものではなく、 名前も読めないうえに写真もぼくのではなかったので 「これじゃあ使い物になりませんよ」と言うと おじいさんは悲しい顔をして「それじゃあせめて一晩泊まって ここで練習でもすればいい。オリンピックの選手なら格安にするよ」 と言った。ぼくは正直こんな汚らしいところに泊まりたくはなかったが、 練習ができるならちょうどいいしなんの種目に出るのかも 分かるかもしれない、と旅館に入ってみた。 すると中には卓球台があったので、「そうか、ぼくは卓球で 出場するのですね」と言うと「いや、テニスだよ」とおじいさんが ラケットを貸してくれた。 卓球台でテニスをするというのも変だと思ったが、まあ大きさは 違っても形は似ているし、そういうものなのだろうと納得した。 しかし、ラケットは手に入れてもパスポートがなければアテネには 行けない、オリンピックにも出ないのに仕事を落としたとなれば もう世間に顔向けできない、という事をおじいさんに話すと、 「じゃああれでいけばいい」と旅館の窓を指差した。 外を見てみると、戦艦大和が旭日旗と「ガンバレニッポン!!」と 書かれた垂れ幕をつけて停泊していた。 ぼくが仰天しそうな心を抑えつつ「あれは大和ですね」と平静を 装って言うと、おじいさんは少しうれしそうに「ほう、知っているかね」と 目を細めた。 「主砲を見れば分かります。46サンチ砲は他のどの戦艦も 装備していないですし、艦橋の形も独特ですからね」とわずかな 知識で無知な若造と思われないよう虚勢を張った。 ラケットやパスポートのことといい、このおじいさんは只者では ないことは明らかだからだ。 「急いだほうがいい、他の選手はもう皆準備ができているよ」 見てみると、さっきの黒人と女の子が艦橋で手を振っているのが 見えた。「ラケットは金メダルを取って必ず返します。」 ラケットだけを持ってはしけへ向かう。そう、ぼくはオリンピック選手 なのだ。体とこのラケット以外に何が必要だというのだ? でも、19日に帰ってくるということは、多分20日の締め切りは 変わらないんだろうな、と一抹の不安を覚えたが、朝日を反射する くろがねの巨体と広大な海が栄光の未来を約束している気がするのだった。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sameda.blog70.fc2.com/tb.php/6-4d353829
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

さめだ小判

Author:さめだ小判
漫画やイラスト描いてますー

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。